昨年末の話。父から年賀状の作成を頼まれ、インクカートリッジを買いに深夜ドンキまで行ったところ、純正品は黒だけが売り切れ。すぐ下にリサイクルインクカートリッジというものが売っていたので、それを買って帰ることにした。リサイクルインクカートリッジのほうは100円くらい安かったかな。

キヤノン用ジットリサイクルインクカートリッジ7eブラック。
リサイクルインクカートリッジのパッケージ

裏面。
リサイクルインクカートリッジのパッケージ裏面

本商品はキヤノン社の使用済み純正インクカートリッジを再生したものです。本商品はキヤノン(株)とは無関係で承認を受けたものではありません。記載の社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

という注意書きと、取り扱いの注意事項などが記載されています。

純正品インクを使用していません。若干の色の差が発生する場合がございます。良好の印字を得るには開封後6ヶ月以内に使い切ってください。

なんてことも書いてあります。

万一、本製品を使用しプリンタ修理を必要と判断された場合は、予めご連絡ください。(修理後にご連絡を頂きましても、責任は負いかねますのでご了承ください。)

と書かれている。ということは、このインクが原因でプリンターが故障した場合は、連絡すれば何かしらの対応をしてくれるということでしょうか。

側面にはキヤノン用BCI-7eBK互換と書かれています。
リサイクルインクカートリッジのパッケージ側面

プリンター(MP610)を開けてインクを交換します。5つあるうち、一番左の光が消えているところが今回交換するインク。
プリンターを開けて交換する

リサイクルインクカートリッジを箱から出します。
箱から出したところ

左が外した純正品。インクが空っぽ。右がリサイクルインクカートリッジ。
純正品とリサイクル品

蓋を止めているシールを剥がして、この蓋をとります。
蓋

純正品はパキッと止めてあるところを折って蓋をとるんですが、このリサイクル品はリールをはがして蓋を持ち上げるとそのままはずせます。

これを取り付けます。
蓋をはずしたところ

取り付けたら光が点灯しました。
リサイクルインクカートリッジを取り付ける

インク残量を確認すると満タンになっています。
インク残量確認

続いてマゼンタのインクも交換します。こちらは純正品。
純正品のインク

袋から出すとこんな感じ。
純正品のマゼンタ

左が古いインク。右が新しいインク。これも空っぽになってます。
古いインクと新しいインク

このふたをパキッと外して取り付けます。顔みたい。
顔みたいな純正品の蓋

インク残量を確認。満タンになりました。
インク残量確認2

さっそく印刷してみます。
試しに印刷

色が若干違うみたいな注意書きがあったので心配でしたが、印刷してみたら全然普通でした。

箱を捨てようと思って破ったら中に説明書きが。
箱の中の説明書

楽天市場でリサイクルインクカートリッジを検索してみると、多くのレビューを読むことができます。

今amazonでさがしてみたら、かなり安いですね。ドンキは700円台だったような。