昨年末。11月の終わりに購入したロジクールのワイヤレスキーボードMK260のマウスが急に動かなくなった。それまで快適に動いていたけど、ピタッと急にマウスポインタが動かなくなった。レシーバーを挿しなおしてみたりしても一向に症状は変わらず。マウスの裏面を見てみると、読み取る部分の赤い光が消えている・・。購入から1ヶ月ほどしか経っていない。もう故障したのか!?と不安になった。

で、とりあえず電池をいったん外して再度入れてみた。赤い光が点灯!動かしてみたら正常に動作する。よかった、直った・・・と思った直後、また動かなくなった。もう一度電池を外して入れなおしてみる。また動く。しかし、使おうとするとすぐに動かなくなってしまう。それを何度か繰り返したあと、もう一度電池を入れなおして裏の赤い光を観察してみる。入れた直後→点灯、それからしばらくして→点滅、そして消える。うーん、まだ買ってから1ヶ月しかたっていないけど、これはもしや・・。

MK260のマウスの電池交換

すぐにスーパー(原信)で電池を買ってくることに。MK260にもともとついてきたALKALINEと同じアルカリ電池が4本100円で売ってたのでそれにした。

買ってきたALKALINE

予想通り、電池を入れ替えてみたら正常に動作するように。まさか買って1ヶ月で電池がなくなるとは思ってなかったので完全に故障だと思ったけど、故障じゃなくてよかった。付属の電池の寿命ってこんなものなのかな。マウスが急に動かなくなったときのストレスはヤバイです。予備の電池は用意しておいたほうがいいですね。