先日Hotmailアカウントにログインしようとしたら、いきなりアカウントの禁止という表示が出てきた。

アカウントが禁止されています
このメッセージが表示されている理由
第三者がお客様のアカウントを使って、大量の迷惑メール (または Windows Live 使用条件に違反する内容のもの) を送信した可能性があります。

復活するためには携帯のアドレスに確認コードを送信し、それを入力しなければならないということなので、携帯の迷惑メールの設定でパソコンからのメールを受信する設定にしてから確認コードを送信。すぐに確認コード(4桁の数字)が書かれたメールが届いたのでそれを入力。で、パスワードを新しいものに設定しなおしてようやくサインインできた。

サインインしてみたらWindows Live Hotmail メンバーサービスからHotmailアカウントにサインインしてくださいというメールが届いていた。10月の半ばから二日に一回くらいの頻度で何通も。

本文は

「お客様がお使いの Hotmail アカウントに異常な活動が見られたため、安全確保の理由から、アカウントを一時的に無効にいたしました。

このメッセージを受信した理由:

お客様のアカウントを使用して、迷惑メールが送信されたか、Windows Live の使用条件 (http://explore.live.com/microsoft-service-agreement?mkt=ja-jp) に違反する行為が行われた可能性があります。お客様のアカウントを有効な状態に戻す必要があります。

という内容。なんでこうなったんだろう。結構な期間放置していたアカウントだった。第三者によって大量の迷惑メールが送信されたのかと思って送信済みフォルダを見てみると、身に覚えの無いメールが二通。どちらも英語で書かれたメール。いつの間に英語が書けるようになったんだ私は(笑)

送信済みフォルダにあった英文のメール

2009/12/22と2009/12/24に送信されたことになっている。これはアカウントがのっとられたってことなのかなー。いろいろ見てたら、オプション設定の「不在時の自動応答」の部分が「数日間 Hotmail を通常どおりに使用し続ければ、不在時の応答を設定できます。ご不便をおかけして申し訳ありません。?現在、迷惑メールの防止活動を行っております。」となっていて設定できないようになっていた。この機能が関係してるのかなー。