もうだいぶ前の話になりますが、Xreaのサーバーで使ってるメールとyahooメールで、あるとき急に送信時にエラーが出てメールが送信できない状態になってしまったことがありました。メールのソフトはOutlookExpressを使用しています。受信は問題なくできるのですが、送信しようとするとエラーで送れません。少し調べたらOutbound Port25 Blocking(25番ポートブロック)というものの影響ということがわかったので、その解決方法をメモしておきます。

スポンサーリンク

Outbound Port25 Blocking(25番ポートブロック)とは

メールの送信に使われるSMTPサーバーの25番ポートをブロックするというのが、Outbound Port25 Blockingです。SMTPサーバーはメールを送信するためのサーバーで、25番ポートというのはそのサーバーにいくつかあるドアのうちの25の番号がついたドアという感じでしょうか。迷惑メールやウイルスメールなどはこの25番ポートを使って送信されるらしく、ここを使った送信を制限してしまおうという迷惑メール対策らしいです。

gori0I9A3048072102408_TP_V

プロバイダのメールサーバーからスパムメールを送ろうとした場合は、アカウントを停止するなど個別に対応することができますが、外部のサーバー(XreaやYahoo)に接続した上で、そこからメールを送ろうとされると対応が難しい。

例えば私が契約しているプロバイダはOCNですが、OCNメールからスパムメールを送ろうとしたら即アカウント停止できるけど、OCNの接続サービスを利用してXreaサーバーなどにアクセスし、Xreaのアドレスでメールを送信しようとしたりするときに、OCNでは対応が難しい。そこでOCNのネットワーク内からの外部SMTPサーバーへの通信は遮断してしまう、というのがこの対策のようです。OCN以外にも様々なプロバイダで行われているようなので、もしメールが送信できないという事態におちいったら、疑ってみたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

メールを送信できるようにするための設定

普通にプロバイダのメールサービスだけを使っている場合は特に問題ないと思いますが、違うメールアドレスも使いながら、パソコンのメーラーでメールを送信できるようにするためには、アカウントごとに設定が必要になります。

サブミッションポート587を使用するように設定する

25番ポートが使用できないので、他に用意されているサブミッションポート(587番ポートなど)を使うように設定すれば、メールを送信できるようになります。サブミッションポートはほとんどのサーバーで使用できるようになっています。

サーバーがXreaで、メーラーがOutlook Expressであれば、メニューのツール→アカウント→メール→プロパティ→詳細設定と進み、「送信メール」のポート番号を「25」から「587」に変更すればOK。送信、認証時にエラーが表示される場合は、無視してOKを押せば送信できるようになります。

POP over SSL、SMTP over SSLを使用するように設定する

または、通信を暗号化して465番ポートを使用することでも、メールを送信することができるようになります。その場合は接続方法でSSLを選択する必要があるので、「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」などの項目にチェックを入れるなどする必要があります。

ヤフーメール+Thunderbirdの場合の送信サーバーの設定はこんな感じ。
aa

とりあえず送信できるようになって一安心。何の前触れもなくいきなりメールが送信できなくなったからびっくりしましたよ・・。