※この記事はこちらのサイトでも公開しています。→福島会津まつり | ニイガタ散策blog

連休の最終日、どこか遊びに行くところないかな~と思って探してたら、ちょうど「会津まつり」をやっているということなので行ってきた。その日はたまたま天地人で上杉景勝役の北村一輝さんと菊姫役の比嘉愛未さんが来ていたのでラッキーだった。

会津若松観光物産協会公式サイト

お昼前に会津若松について、喜多方ラーメンを食べた後に鶴ヶ城へ。

会津藩公行列の文字。行列が市内を練り歩いているみたいだったけど、今回は城で帰陣式を見ることに。

城の周りの堀。ものすごく大きいこいが泳いでいた。

鶴ヶ城。入場料を払えば中に入ることができる。中は様々な展示物が展示されていて、火縄銃を手に持ってみることもできる。出口には土産屋もあって、あかべこグッズもたくさん売っていた。

鎧姿のスタッフ。

なぎなたを持ったお姉さん方。

木の隙間から。

茶室の周りを囲む塀。

塀の中はこんな感じ。

城からの景色。

ステージの周りに群がる人々。みんな早い時間から場所取りをしていた。

いよいよ帰陣式開始。鎧を着た人々が次々と整列していく。

お殿様。

姫君。

新撰組。

ステージ上はすごく豪華な感じ。

全ての隊が並び終わったあと、いよいよ北村一樹さんと比嘉愛未さんが登場。二人が出てきたとたんに見ていた人たちは前になだれ込んでいってこの状態に。場所取りの意味無し。

遠くからしか見れなかったけど、やっぱ二人ともオーラが出ていたなぁ。ほんの15分くらい、質問に答えたり話をしたりして帰っていったんだけど、二人がいなくなったら見物人は3分の1くらいになった(笑)その後、茶室で抹茶を飲んで帰ってきました。

そういえば、駐車場に車を止めるのに時間がかかった。無料駐車場がいくつか用意されているけど、私が停めた博物館の駐車上は13時で満車になっていた。並んで出る車を待って、1台が出たら1台入るみたいなそんな感じ。車の場合は午前中からいかないとダメだなと思った。