ワードで作ったファイルをPDFに変換するために使っていたフリーソフト「クセロDPF」が、いつの間にかフリーでの配布を終了していた。ダウンロードしようと思ってサイトにいってみたら、「株式会社クセロは事業のほぼすべてをアンテナハウス株式会社に譲渡した」と書いてあって驚いた。それにともなって無料で使えるソフトウェアの配布を全て終了したってことらしい。広告が出るけど、それを気にしなければ使いやすくて気に入っていたんだけどなぁ(他のPDF変換ソフトは使ったことないけど)。

この前OSを再インストールしたときに「あとでダウンロードすればいいや」って思ってしまったのが間違いだった。新規のライセンス発行は終了しているけど、今までダウンロードしたものはそのまま使えるとのこと。つまり、すでにライセンスは取得済みの場合は本体さえあれば、今からインストールしても使える。しかし、本体が無い場合はどうしようもない・・・。

当然、本家サイトからはもうダウンロードできないようになっている。Vector、窓の杜からもダウンロードできず。他のソフトにするしかないかと思ってあきらめかけてたけど、なんとまだダウンロードできるところがあった。ファイル名で検索。やってみるものだなぁ。まぁここもそのうち削除されるんでしょう。