CPUを取り替えた。ついでにケースも新しいものに交換。

まずは使っているマザーボードのBIOSが新しいCPUに対応するか確認する。BIOSのバージョンが古いと対応していない場合がある。今回はGA-E7AUM-DS2HのBIOSをF2からF3Aにアップデートしてから交換した。GIGABYTEのマザーボードは、専用のソフトでOS上からBIOSのバージョンアップができる。

サイドパネルをあけてマザーボードを外す。ほこりが結構すごい。

ハードディスクにもほこりが。

CPUクーラー(SCYTHE XP-120)のほこり。

マザーボードを外してフーフーしながらほこりを飛ばす。

CPUクーラーのファンを外してヒートシンクを外す。ほこりも掃除する。

ヒートシンクをはずすとこんな感じ。CPU(E5200)に付着しているグリスをふき取る。

ヒートシンク側のグリスもふき取る。写真はふき取ったあと。

新しいCPUを取り付ける。

CPUの上にグリスを適量だす。マッチ棒の頭くらいを目安にするといいかもしれない。

元通りヒートシンクを取り付けて、ファンを装着する。できたらとりあえずメモリを一枚さして、電源が入るか確かめてみる。

電源が入ればとりあえずOK。ケースに組み込む。続く⇒PCケースをSCYTHE GUNTERに交換

追記

CrystalMarkによるベンチマークの結果。全体的にスコアがあがった。でも体感できるほどの差はないな。

E5200

E6300

ベンチマークのスコアよりも、CPU温度の変化が大きかった。SpeedFanでE5200は48度くらい、E6300は36度くらい(室温25度)。10度以上も差があるのには驚いた。