lenovo L191とacer X223Wでデュアルディスプレイ環境にしたところ、acer X223Wのほうが文字がクッキリ見えるような気がしました。そう言われてみれば、lenovo L191のほうが文字がにじんでいるような気がしないでもない。これは単純にモニタが違うからなのか、それともD-SubとDVIの違いによるものなのか・・。気になったので実験してみました。

スポンサーリンク

デジタルのほうが画質はいいはず

lenovo L191はVGA端子(D-Sub アナログ)での接続です。acer X223WはDVI(デジタル)での接続です。一般的にはアナログよりもデジタルのほうが画質が良くなると言われています。でもL191とX223の違いはアナログとデジタルの違いというよりは、製品の違いによるものかもしれません。

VGA(左)とDVI(右)。
n20090130b

ちょうどacer X223Wには、D-Sub端子とDVI端子が1つずつ付いているので、X223WだけでD-Sub接続したときと、DVI接続した時の画面を比べてみました。このブログを表示させた状態の液晶画面を、デジカメで取って比べてみるという作戦です。

acer X223W側の差込口。二つ付いています。
n20090130a

D-SubとDVIの比較画像

DVIのケーブルでつないだときの写真と、D-Subのケーブルでつないだときの写真を上げに並べています。いずれもフラッシュ無し。同じ位置から同じ角度で撮っていて、ブレないようにセルフタイマーを使っています。どちらの画像も上がD-Sub、下がDVIです。

比較画像1(クリックすると大きいサイズで表示できます)。
d1500a

比較画像2(クリックすると大きいサイズで表示できます)。
d150

D-Sub接続のほうが黄色っぽく写りました。この黄色っぽさはモニタ側で調整できるのかもしれないですが、そこまではやっていません。ただ、つなぐケーブルを変えただけの実験です。

文字を見比べると、D-Subだからといってにじんでいるような感じは見られませんでした。実は実験中もDVIのほうが文字がクッキリと見えるような気がしましたが、たぶんDVIのほうが背景が白っぽくなったからクッキリ見えるのだと思います。

スポンサーリンク

見た目ではほとんど変わらない

結局、黄色っぽくなるのを除けば見た目ではほとんど違いがわからないという結果になりました。黄色っぽくなるのもカメラだからハッキリわかるだけで、D-Subでつないだモニタだけを見ているときはあまりわかりません(二台並べて比べたらわかるんだと思うけど)。文字だけじゃなくて動画でも見比べてみたんですが、動画はなおのこと違いがわかりませんでした。

D-Subでつないだからといって「画質悪いな・・」と感じることはないかもしれません。少なくとも今回の実験では、目で見てわかるほどの違いは感じられませんでした。

調べてみると、DVIのほうが文字がハッキリと見えるという情報もあるのですが、いずれの情報も「そんな気がする」というレベルのものです。

もしかしたらそれは、文字そのものよりも背景色が問題なのかもしれません。仮に今回の実験のように、D-Subでつないでいたときに背景が少し黄色っぽくなっていて、DVIでつないだときに背景が白っぽくなったとしたら、「文字がハッキリ見えるような気がする」のかも。どちらかといったら、白い背景のほうがクッキリ見えそうです。でもそれはモニタの設定で青色を強くしたりすれば改善できそうだし、同じ画面をずっと見続けていれば気になることはなさそうです。D-Sub端子しかついてないモニタとかも安く売ってたりしますが、そういうモニタでもあまり問題は無いかもしれないですね。

ちなみにlenovo L191のほうの文字がにじんでいるように見えたのは、実際ににじんでいたみたいです。メールボックスにあるスパムメールを拡大してみてみると・・

上がlenovo L191で、下がacer X223W。
dd1

同じく上がlenovo L191で、下がacer X223W。
dd2

モニタによってもだいぶ変わるみたいです。